読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック企業で働いてみよう!!

多分ウチはソフトブラック企業じゃ無いだろうか。

私のブラック企業志望動機

はじめまして。

 

SorAです。

 

このブログはソフトブラック企業で働く私の、日々思うことを綴ろうと思います。

 

さて、まずなぜ私がソフトブラック企業に入社する事になったのか!?という部分から。

 

約10年前。

 

就職活動真っ只中。

 

これがやりたい!!なんて明確な事が無かった私は、会社選びに困っていました。

 

それでも就職活動はしなくてはならない。

 

すると受ける企業は安易に決まってくる。

 

有名なところ!そして一部上場企業!

 

はい。

 

受かりました。

 

その後10年以上も、現在に至るまで働くことになる会社。

 

早速嬉しくなり家族に報告。

 

家族は安定!という部分で大喜び。

 

バイト先の店長に報告。

 

ここが運命の分かれ道だったのです。

 

「え!?まじでー!最悪やなあー!そこブラック企業やで!!!あーあ、かわいそーーー」

 

私は思った。

 

おい!35歳にもなってアルバイトで店長をずっとやってるお前に何がわかるねん!!!

 

しかもウキウキの私の気持ちを踏みにじるんじゃ無い!!

おい!!35歳!アルバイト!!

時給1080円!おい!

 

私は答えた

「え?その。ブラック企業ってなんでわかるんですかぁー?」

 

「いやいやーみんな言ってるよ」

 

はい!

はい!出たよ!!!

 

はーい!でた!!!

 

不透明な「みんな」

 

誰だよみんなって!!

 

ってかみんなって言うほど友達いないだろ!!

モテないだろ!!!お前!!!

バレンタイン3個もらったって!!

1個はおかん、1個は私のギリチョコ。

ほんで最後1個はコンビニで大量にお客様へ配られてたチロルだろ!!!

 

私は唇を一度への字にしてから答えた。

「えっ!みんなって例えば誰ですか?」

 

「え?あー言っても知らん奴やからなあ。お前の知らん奴」

 

「例えば?知らなくてもいいんです!とりあえず名前を!1人でいいんで教えてください!!」

 

「うるさい!!!」

 

「1人でいいんです!!」

 

「あー田中や!!もうええやろ!??」

 

「田中って?どんな人ですか!???」

 

「なんでそんなん言わなあかんねん!」

 

 

 

 

とまあーそんなくだりはどうでも良くて。

 

結局は「その会社に入った事の無い人達の、あの会社ってこうらしいで」

そんなもんで自分の人生の選択を変えるわけにゃーいかない。

 

私はその後、他に数社受かった一部上場企業全て蹴って、その会社に入社する事にしました。

 

To Be コンテニュー