読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック企業で働いてみよう!!

多分ウチはソフトブラック企業じゃ無いだろうか。

誓約書にハンコを押そう!!

お疲れ様です。

 

SorAです。

 

総務に呼び出されました。

 

お!いよいよ社宅OKか?

 

そう思いウキウキしながら会議室へ。

 

総務の偉いさん。

 

「はい、じゃあこれにサインして印鑑押して。」

 

ペラっと一枚もんの紙を渡される。

 

ん?と目を通すと衝撃の内容が!!!

 

「え?これにサインするんですか?」

 

「うん。もちろん。みんなサインしてるよ。」

 

「無理です。」

 

「無理とかじゃなくて、みんなサインしてるから。」

 

「無理です。」

 

「会社に雇ってもらってる立場やからね。君は。」

 

「無理です(しつこいな落ち武者ハゲ)」

 

「みいいんなサインしてるんだよ。君の同期も。」

 

「無理です(だから無理やっちゅーねん、落ち武者ハゲ」

 

「会社としてね、みんなおんなじ方向に向かないといけないからね。」

 

「無理です(しつこいなあ、落ち武者ハゲ、むしろハゲ武者)」

 

さてさて肝心な内容はと言うと。

 

-私は入社してから残業は一切しておりません、また今後残業する事もありません-

 

過労で倒れてしまった時用の、会社なりの保険。

 

いやいや!

毎日7:00前に会社に出勤して22:00まで働いてまっせ!!!

ワロタ!!

ワロタだわ!!!

ハゲ武者ワロタ!!

 

これにサインしてハンコ押すって何よ?

 

しかも今後って。

 

未来の話ですやん。

 

未来って!!

 

わからんよ、未来の事なんて!

 

だから人生って楽しいんじゃんか!!

 

あたしゃエスパーかよ!!!

 

「私は嘘をついてハンコ押さなくてはいけないんですか?おかしく無いですか?」

 

「うん、じゃあ明日も同じ時間にこの部屋に来てね。君がハンコ押すまで永遠に続くからね。」

 

おおお

 

ブラック!!

 

ブラックハゲ武者!!

 

むしろブラックハゲ!!

 

ハンコを求めるブラックハゲ!!

 

ハンコを求めるブラックハーゲ!!

 

ハンコを求めるブラックハーゲンダッツ!!

 

毎日のように上司に嫌味を言われ。

 

毎日のようにハンコ押すまで作成。

 

数ヶ月後。

 

面倒くさくなった私は、ハンコを片手に会議室へ向かったのでした。

 

To Be コンテニュー